医薬品通販との違いは?|通販感覚でキウォフハートや人の薬をゲット!?個人輸入代行について

医薬品通販との違いは?

錠剤とカプセル

最近はインターネットの通販で購入することができるものも増えており、医薬品の通販もできるようになりました。
そういった医薬品の通販と、個人輸入代行サービスでは一体何が違うのでしょうか。
一見似ているように見えるかもしれませんが、通常の医薬品の通販と個人輸入代行では取り扱われている商品に大きな違いがあります。
それぞれで取り扱われている人気商品に注目すれば、その違いはすぐにわかります。

一般的な医薬品の通販で人気の商品は、目薬や胃腸薬など、ドラッグストアでも購入することができるものが中心になっています。
取り扱われているものは全て日本政府に認可されたもので、医師の診断が必要になってくるような高度な薬は取り扱われていません。
対する個人輸入代行では、海外で製造されている安価なジェネリック薬が人気商品の中心になっています。
その中でもED治療薬に関しては、値段は安いのに確かな効果を持つ海外のジェネリック薬が多数発売されていて、それらが人気商品になっていることが多いんです。
そういったジェネリック薬はまだ認可が下りていないものも多いので、個人輸入代行で取り扱われている商品はまだ認可が下りていないものが中心になっているといえます。

日本政府から認可されたものを取り扱っている医薬品の通販と、海外のジェネリック薬が中心になっていることが多い個人輸入代行。
似ているように見えても、こうしてみると明確な違いがあることがわかりますね。